株式会社ニッテイ建築設計
top トップ
profile プロフィール
network ネットワーク
ISO 9001
message メッセージ
contents 業務案内
works 作品紹介
recruit リクルート
contact お問合わせ
CONTENTS 業務案内
当社(にっていけん)は、企画・立案から設計、工事監理、完成したあとのアフターケアまで、 フラットで小回りが効き、建築に関するあらゆるシーンに対応できる総合建築コンサルタントです。

「にっていけんの仕事は…」

建築を取り巻くさまざまな状況の中で、クライアントの要望を活かし、社会や地域に適応した「健康な建築」を生み出すために私たちは日々創造し続け、心地よい空間を提供する集団でありたいと考えています。

「にっていけんは総合建築コンサルタントです」

建物に関するあらゆるご相談から、設計、施工者選定のアドバイス、工事監理、引渡しに至るまで、各セクションを専門の技術者で構成し、トータルでサポートします。 又、アフターケアを通して建物を見守り、さまざまなアドバイスをいたします。

「にっていけんの得意な設計は…」

クライアントに最初に出会った時によく聞かれることです。私たちは、クライアントにとって理想的な空間を具体的にかたちにできる設計事務所として、常に「建物は人が使うもの」という視点でデザインすれば、用途を問わず、常にふさわしい空間を創造できると考えています。

「建築事務所の仕事は?」

多様化する社会のなかで、土地の利権や近隣関係のこと、さらには法規制や環境問題云々…と複数のハードルに向かって、乗り越える作業は決して容易ではありません。社会や地域の資産となる優れた建築を創造していく意欲と責任感の中で、クライアントとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築いていくことから始まります。

▲ ページトップへもどる
WORK FLOW ワークフロー
WORK FLOW ワークフロー 企画・立案 Concept Work
WORK FLOW ワークフロー
設計│意匠 Design
設計│構造 Structure Design
設計│設備 Facilities Design
設計│積算 Multipication
WORK FLOW ワークフロー 設計│工事管理 Control
WORK FLOW ワークフロー
アフターサービス After Service・維持管理 Maintenance・長寿命設計 Sustainable Design
WORK FLOW ワークフロー
意匠
頭で考えたことを表現し、技術とデザインを結び付けながら具現化する作業を、緻密で、丹念に、丁寧に、組み立てることが建築設計と考えています。一貫したプロセスのなかで、クライアントの立場にたって、構造・設備・施工・コストを統括し、多くのアイデアのスクラップの山を築きながら、あるべき建築の姿を創造します。
構造
「力」を表現し、力の流れを的確にデザインし、建築を支えることが構造設計です。地震大国のこの国で、安全性こそが最重要と捉え、高い耐震性能の確保と経済性・合理性を追求しコストパフォーマンスとのバランスの両立が社会的責任であると捉えています。
設備
ライフラインをデザインし、「光」「風」「熱」「空気」のエネルギーコントロールの制御と実践が、クライアントの利益と同時に地球環境保護につながると考えています。省資源・省エネルギー化に加え情報技術の高度化など、急速な変化に対応すべく技術力を日々研鑽し、新しい環境を提案します。
積算
クライアントの大切な財産や資産を守るため、コストは建物を設計する性能・品質と並んで重要な要素として捉え、建設工事費についてのみならず、ライフサイクルコスト(建物の生涯費用)を含めたコストマネージメントを徹底して追求します。
工事監理
私たちは、豊富な専門知識と経験を持つスタッフで、建物の安全性・耐久性・コスト管理を含めて施工者を指揮すると同時に、用途に適応した生命体としての建築を創ることが、資産価値を生み出すことを信じて取り組んでいます。
▲ ページトップへもどる

■マネジメント業務 Management

●新築だけではなく、増築、リフォームやインテリアデザイン等、建物に関するあらゆる設計・監理業務に加え、クライアントの財産を守るため、CM(コンストラクション・マネージメント)/PM(プロジェクト・マネージメント)業務も重要な柱と捉え、クライアントの期待や要望を技術の間で通訳するマネジメント業務に取り組んでいます。

●既存の木造住宅からビルの「耐震診断」「耐震設計」も積極的に取り組み、解析、検証を繰り返し、地震に対してより安全で、合理的な解答を導きます。

●マンションや各種ビルの長期修繕計画のご相談から、劣化調査・改修設計・工事監理及び定期報告にいたるまで、培った知識と豊富な経験をベースにクライアントや管理会社の信頼できるパートナーとしてコンサルティングします。

■設計料などの業務費について

設計料は「工事費の何%位ですか?」とよく聞かれます。
品質を保持しつつ、工事費が下がるための技術的努力(VE)を徹底して行い、所定の品質を下げずに全体の工事費の支出をいかに抑制するかが、クライアントの利益に直結します。
設計料を工事費からのみで考えるのは、クライアントの利益を損なう結果になります。

にっていけんでは、プロジェクトの規模や業務内容に応じてトータルバランスのなかで、クライアントと話し合い納得していただける妥当な業務費をお願いしています。

▲ ページトップへもどる
Copyright © 1999-2016 Nittei Kenchiku Sekkei,Inc. All Rights Reserved.